過度の改造は良くないと聞いたのですがどの程度なら許容範囲なのでしょうか?


基本的には車を査定に出す場合には、過度というよりも改造が施されている場合にはマイナス要因になると考えておいた方が良いようです。
特に基本的な車の性能を変えてしまうような場合、エンジン回りやサスペンションなどを変更している場合には、査定価格が非常に低くなる可能性があります。


その理由は、車は長年乗っていると故障するものであり、また故障した部分の修理のしやすさも大きな査定の要件になるからです。一般的に純正の部品を使用している状態であれば、メーカーの部品在庫年数や耐用年数などを基準に評価され、故障の際にも部品に関してメーカーより提供を受けることが可能ですが、それ以外の部品に交換されている場合には、その部品の入手が困難になることもあり、メンテナンス性が著しく損なわれてしまいます。その為、査定する際にはマイナス要因になってしまいます。
内装の交換やエアロパーツなどの装着については、その部品のメーカーが知名度が高く、また人気が高い場合にはプラス査定をしてくれる場合も有ります。また、スポーツカーなどで動力性能を高めると広く認知されている場合などはプラス査定をしてくれる場合も有りますが、これらのケースは非常にまれなので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。