車買取と評価を上げる方法に関する疑問


自動車を売却するときに少しでも高く売ろうと思い、ピカピカに洗車をして査定に持ち込むという人もいるでしょうが果たしてこれは効果のあることなのでしょうか。
確かに汚い車よりもきれいな車のほうが見栄えも良いため、綺麗な車のほうが査定も良くなりそうなものです。
しかし、相手も買取のプロだけに綺麗にしていたからといって、査定が上がるわけではありません。


それでは、車を洗ってから持っていくのは全く意味のないことなのかというとそのようなわけでもありません。
車が汚れたまま持って行くと当然、印象はあまり良くありません。
また、汚れた車というのは普段から扱いの悪い車ではないかと思われてしまいがちで、そうなってしまうと査定の目も厳しくなってしまう可能性があります。
そのようになってしまうと、普段なら軽くチェックして終わるような箇所であっても念入りにチェックされて普通であれば見過ごされるような点も減額の対象となってしまう事があります。
そのため、車を綺麗に洗ったからといって査定が上がるというわけではありませんが、汚いままにしておくと査定が下がってしまう可能性もあるだけに、綺麗にしてから持ち込むというのは決して無駄なことではないのです。

コメントは受け付けていません。