メーカー毎に車の評価って違うのでしょうか?


クルマの評価はまず型式、年式、グレード、塗色、走行距離で基礎となる査定額が決まり、そこから各部の状態によって差し引かれて行きますが、同クラスのクルマでも、人気だけでない理由で、査定額に差が付くことも確かにあります。
査定額は、基本的にそのクルマのリセールバリュー、つまり再販売した場合にどれだけの値が付けられるかで決まります。高く売れる人気車は、当然高く買取ってもらえるわけです。
しかし実際の傾向として、新車販売時に大きな値引きをしている車は、比較的高値で売れる人気車であっても、査定額があまり伸びないのです。


ただ、最近は昔に比べてその差が少なくなって来ていますし、車種によっては逆転していることもありますから、現実的にはあまり気にせずに、好きな車を購入すれば良いでしょう。
かつて、あるメーカーの車は一般店での買取・下取り査定が非常に低く、自社ディーラーのみで高く下取ってくれるため、一度そこの車に乗ったらずっと抜け出せなくなるという、『○○地獄』と揶揄されるようなこともありましたが、最近はそれほど気にするようなレベルではありません。
ただ、商品力だけでなくディーラー数などの販売力の差が新車販売時の値引きの差に表れ、それが中古車査定にまで影響しているというのは事実なのです。

コメントは受け付けていません。