査定と改造範囲


査定の際、改造範囲が基準の対象になりますが、改造にもドレスアップなどでも、規定の寸法を超えるとナンバーを再申請などしてる車や、排気量が規定以上などあります。近年は、車の排気規制が厳しくなり改造車は価格が落ち、買った当初とほとんど変わらなければ査定が下がることは無いです。現在は、ディラーなどに車を売る時はタイヤホイールなどを純正に戻したりします。


タイヤなどは、雪が降るところだとスタッドレスタイヤに交換などしますので夏用と冬用タイヤがあれば査定はプラスされます。元々車に付いていなったパターンとしては、カーナビゲーションシステムやカーステレオが搭載されてるとプラス査定になります。ディラーは、改造車はノーマルの状態に近くないと買取は行いません。事故車などで、やむなく改造することになることも稀にあります。昔の古い車などは、新しい型の車のエンジンを搭載するのもごく稀にあります。マフラー交換などでも、音が規定範囲以内であれば査定に影響しない時もあります。エンジンなどはモデルチェンジするとサイズが大きくなってるので、どうしても改造が必要になります。ジムカーナなどを、よく行く人は車検がギリギリで通るくらいですが、車を売却するときはかなり安くなります。

コメントは受け付けていません。