少しでも修理ってしたほうがいい?


自動車を少しでも高く売るために、売却まえに高く売るためにできることは少しでもしておきたいものですよね。
そこで、自動車のちょっとした不具合を修理しておくかということになりますが、実際に査定に影響が出るほどの良い結果が出ることは稀ですので下手の直そうとせずにそのままにしておいた方がいいでしょう。

もちろん、費用もかからずに簡単に直すことができるようなものであれば、直しておいたほうが見栄えもよく査定も良くなる可能性もありますが、そのような部分は査定の際にも特に重視されることはないためあまり効果はありません。
それでは大きな傷などはどうかというと、確かに直しておけば査定に有利になりますが、直すのにかかる費用を考えるとそれ以上の査定アップが見込めることは殆ど無いため、やはりそのままにしておいたほうが良いのです。


ただし、売るかどうかを決めかねているという時には傷などをそのままにしておくと、そこからサビが発生してしまい売却をしようとした時にサビだらけになっていると、傷を直した時にかかる費用以上に減額されてしまう可能性もあるので、すぐに売るかどうかわからないという時には直しておくというのも悪くはない方法になります。

コメントは受け付けていません。