自動車税の還付って何?


自動車税は、毎年4月1日時点で車検証に記載されている自動車の持ち主に対して、各都道府県から課税される税金で、地方税の一種です。ローンなどを組んで自動車を購入し、まだ返済が残っているような場合には、所有者はローン会社ではありますが、車検証には買った本人が使用者として記載されるため、買った人に課税されます。


自動車を所有している限りはこの税金が課税されますが、課税対象となっている自動車を廃車にして、陸運支局で所定の抹消登録を行った場合には、すでに年度当初に支払った税金の一部を返還してもらうことができます。このことを「還付」と呼んでいます。
その金額についてですが、年度途中で抹消登録をした場合、抹消登録をした月の翌月から、その翌年の3月までの分を月割りで計算しなおして、既に支払った税金との差額が返還されることになります。
なお、廃車として抹消登録をするのではなく、中古車として知人などに売り渡し、その人がただちに持ち主となるような場合は、この制度は適用されません。この場合、所有者の住所・氏名を変更するだけの「移転登録」となり、引き続き陸運支局にナンバーの登録があること自体は変わりませんので、翌年度からは新しい持ち主に課税されるとしても、当年度の4月1日時点での持ち主は変わらないためです。

コメントは受け付けていません。